トップページ > ご購入までの流れ

ご購入までの流れ


不動産は高額な買物です。
購入から入居までの流れをしっかりと確認しておきましょう。

Step1 購入を考える

大切なイベント

子供が独立してこんなに広い家はもう要らない。手狭になって広い家に住替えたい。

家賃を払い続けるなら家でも持とうか。もっと便利な所に移りたい。

住宅購入は、人生に幸せをもたらせてくれる大切なイベントですので充実した生活の為に積極的に取り組んでいきましょう。

Step2 資金計画を立てる

資金計画を立てる

借入額や自己資金を把握しキチンと資金計画を立てることがとても重要です。

なぜなら不動産は高額な買物です。購入に掛かる諸経費も物件価格の7%~8%前後と決して小さくはありません。

また、住宅ローンは取扱い金融機関も多く、商品や優遇制度も多岐に渡るため、お客様にとってどんな融資が最も有利で適しているのか、この見極めも簡単ではありません。

しっかりと資金計画を練るためにプロのアドバイスを受けましょう。

Step3 希望条件を整理する

優先順位をキチンと整理

いざ購入となると、あれもこれもと欲張ってしまいます。

しかし、やみくもに物件を見ても迷うだけ。訳がわからなくなって購入の目的を見失っては本末転倒です。

こだわりたい条件や絶対に譲れない条件など、物件を比較するうえでの優先順位をキチンと整理することが、良い買物への近道です。

Step4 物件を探す

様々な物件情報を収集

広告チラシや情報誌、インターネットなどあらゆる所にインターネットが一番かもしれませんね。

当社ホームページには東武伊勢崎線の新築・中古住宅の物件情報が満載です。

未公開情報や生の情報を求めて不動産業者を直接訪ねるのもいいですよ。その際は是非当社へ。

御来店をお待ちしております。

Step5 現地見学

現地見学

条件を整理して、いよいよ現地見学です。

一つ一つ物件を廻るのは大変な作業ですが、写真やパンフレットだけでは攫めない周辺環境や物件の雰囲気を、ご自身で体感する事もとても大切です。

面倒だと思っていても、できるだけたくさんの現地見学を心掛けましょう。

一軒でも多く、効率よく現地をご案内させて頂きます。

お気軽にお申し付け下さい。

Step6 購入申し込み

気に入った物件が見つかり、購入を決めたら購入申込書を記入・提出し、売主にその旨を意思表示します。

購入申し込み

購入申込みは契約ではありませんが、売主は、この意思表示をとても重く受止めますし、殆どの物件は、この申込書提出の順番によって取引の優先順位が決定します。

また、購入申込後のキャンセルは売主に対して重大なマナー違反になりますので、契約のつもりで慎重に臨みましょう。

Step7 重要事項説明・不動産売買契約

不動産売買契約

物件についての重要な事項を書面にて宅地建物取引主任者が説明をしたのち、不動産売買契約を取交わし、買主は手付金を支払います。

不動産売買契約を締結しますと、以後は契約書に基づいて、互いに権利や義務の履行をする事になります。

重要事項説明書も不動産売買契約書も聞きなれない言葉が多く、戸惑いがちですが、解らない点があれば遠慮せず質問をし確認しましょう。

Step8 住宅ローン申込み・金銭消費賃借契約

住宅ローンの申込み

不動産売買契約を締結したら、住宅ローンの申込みをし、金融機関の審査を受けます。

融資の種類や申込みに必要な書類も金融機関やお客様の状況によって様々ですので、営業担当者と綿密に打合せをしてください。

審査が終了し融資内定を得たら、金融機関との間に金銭消費貸借契約を締結します。

ここまで来ればホッ一安心。しかし、融資申込後や融資内定後でも、ショッピングカードを作ったり、カードローンを利用したり、分割払いでの買物をすると、一旦内定した融資も取消される場合がありますので御注意下さい。

Step9 現地立会い

不動産の最終確認

引渡し前に、売主・買主立会いのもと、売買対象不動産の最終確認を行います。

当該地と隣地との境界を売主が明示し買主が確認をします。

また、不動産(土地・建物)が売買契約締結時の状態と相異がないか、売主・買主双方が確認し引き渡しに備えます。

もしも不具合等があれば、原則、引渡しまでに売主の責任に於いて修復をします。

Step10 残代金支払い・物件引渡し

物件引渡し

さあ、いよいよ引渡しです。殆どの場合、買主の利用する融資先金融機関にて行われます。

司法書士立会いの下、売主買主が登記に必要な書類を提出し、完全な所有権の移転が可能である事を確認すると同時に不動産売買代金の残額を支払い、物件(鍵)の引渡しを受けます。

書類の不備等がないよう、営業担当者と十分に打ち合せをして下さい。

Step11 入居

各機関への届出

ここまでお疲れ様でした。これで全て終了です。

引越しの際は、住民票の移動、各機関(市区町村役所・電気・ガス・水道・電話・各種金融機関・学校・自動車等免許や資格等)への住所変更の届出などを行う必要があります。

お忘れのないよう気をつけて下さい。

ページのTOPへ